病院案内(アクセス) | 愛知県刈谷市のよこやま動物病院 犬・猫・ウサギ
診療案内 | 愛知県刈谷市のよこやま動物病院 犬・猫・ウサギ
施設案内 | 愛知県刈谷市のよこやま動物病院 犬・猫・ウサギ
スタッフ紹介 | 愛知県刈谷市のよこやま動物病院 犬・猫・ウサギ
トータルケア | 愛知県刈谷市のよこやま動物病院 犬・猫・ウサギ
病気と予防のおはなし | 愛知県刈谷市のよこやま動物病院 犬・猫・ウサギ
お知らせ
病気と予防のおはなし

ペットの防災について考えましょう

更新日時:2010/10/26


 阪神・淡路大震災、新潟県中越地震など、皆さんの記憶に新しいものもあるかと思いますが、ご家庭のペットの防災については考えたことがありますか?自然災害は、地震のほかにも台風・津波・風水害など様々あります。災害が発生すれば私たちだけでなくペットたちも被災動物となります。そこで、災害が起きる前にできること、被災した時の注意事項などを一緒に考えていきましょう。これを機会にご家庭内でも対策を話し合ってみてはいかがでしょうか?


阪神・淡路大震災の時ペットたちはどうなったのでしょうか?

 この時、ペットとして飼われていて亡くなった犬は4,300頭・猫は5,000頭と発表されています。
1995年1月17日に地震が発生し、その4日後から被災動物の救援活動が本格的に始まりました。神戸市獣医師会会員動物病院を中心に被災動物の収容を始めましたが、病院はすぐに満杯となってしまいました。
そこで、神戸動物救済センター(農業用ビニールハウスを利用した保護施設)が設置され、犬1,040頭、猫507頭など1,500頭余りが保護されました。そして獣医師による身体検査、ワクチンの接種、疾病の治療を受けました。しかしながら飼い主の元に無事帰ることができたペットはわずか365頭と言われています。


避難所での実態は?

 ペット持込の可否は避難所によって異なりますが、基本的に人の居室部分への持ち込みは禁止となります。そこで「ペットと一緒に避難所にいられない・・・」「周りに迷惑をかけるから」という理由で、ペットと離れたくない被災者は、車で寝泊まりをするケースもありました。しかし、愛犬と過ごすために車中で寝泊りをしていた女性が、エコノミークラス症候群と思われる症状で命を落とすという痛ましい事故も起きています。
 
被災時に備えて心がけること
・ 日ごろのしつけをしましょう
避難所では集団生活になり、他の人や動物たちもたくさんいます。最低限のしつけとして、「おいで」と呼べば来る、「待て」と言えば待てる、吠えないでいられる、ケージやクレートの中で静かに待っていられる、など周りに迷惑のかからないように普段からしっかりとしつけておくことが大切です。
・ ワクチン・予防接種を毎年受けましょう
避難所と同様に、保護施設などで暮らす場合もあなたのペットだけではありません。感染予防のため毎年のワクチン接種と狂犬病予防の注射(犬のみ)はもちろん、ノミや寄生虫の駆除、できれば避妊・去勢手術をしておくことをおすすめします。
・ 名札・鑑札をつけましょう
迷子になったり、離れ離れになった時に必要となります。保護施設に収容された時にも名札等がなければ飼い主さんを特定することができません。首輪等に迷子札を、犬の場合は鑑札と狂犬病予防注射済票も一緒に付けるようにしましょう。
・ 預け先を確保しておきましょう
避難所生活はペットにとっても決して良い環境とは言えません。遠方にペットを預かってくれる親戚や友人を確保しておくと心強いですね。もし親戚や友人宅でもペットを飼っている場合は、お互いに災害時にはペットを預かる約束をしておくことも良い考えだと思いますよ!
・ マイクロチップを装着しましょう
マイクロチップとは、生体適合ガラスで覆われた直径約2mm、長さ約13mmの円筒形をした電子標識器具です。マイクロチップには固有の番号(個体識別番号)が標識されており、全国の該当機関・動物病院等にある機器(リーダー)にてその番号を読み取ることができます。そして、その番号を照会することにより個体情報が特定できます。装着は動物病院にて、少し太めの注射針のような器具で数分で埋め込むことができます。犬や猫、フェレットなどの動物では、首の付け根〜肩甲部の皮下に装着するため、名札や鑑札のように取れてしまったりすることが無く、かなりの確率で飼い主さんのもとに帰ってくることができますので、大変有効です!


準備しておくものは?

●ペット用品 :
 ・ リード、首輪、ケージやキャリーバッグ
 ・ 食器と水入れ
 ・ 排泄用品(ペットシーツ、糞処理袋やスコップ、消臭剤スプレーなど)
 ・ バスタオル、タオル、新聞紙、ゴミ袋、トイレットペーパー、ペーパータオルなど
●フード、飲料水 : 最低でも1週間分のペットフードと飲み水
●医薬品 :常備薬、消毒薬・ガーゼ・包帯などの救急用品
●その他 :ワクチン接種証明書、登録書類など


最後に

最近では緊急時にすぐに持ち出せるように、リュックなどに入ったペット用防災グッズも販売されています。このようなグッズを購入して準備しておくのも良いかもしれませんね。
“備えあれば憂い無し”です!人はもちろん、ご家族にとって大切なペットを守るためにも、人と動物共に安心できる災害対策を心がけましょう。





一覧ページに戻る

TOP | 愛知県刈谷市のよこやま動物病院 犬・猫・ウサギ TOP | 愛知県刈谷市のよこやま動物病院 犬・猫・ウサギ 病院案内(アクセス) | 愛知県刈谷市のよこやま動物病院 犬・猫・ウサギ 診療案内 | 愛知県刈谷市のよこやま動物病院 犬・猫・ウサギ 施設案内 | 愛知県刈谷市のよこやま動物病院 犬・猫・ウサギ スタッフ紹介 | 愛知県刈谷市のよこやま動物病院 犬・猫・ウサギ トータルケア | 愛知県刈谷市のよこやま動物病院 犬・猫・ウサギ 病気と予防のおはなし | 愛知県刈谷市のよこやま動物病院 犬・猫・ウサギ ページTOPへ