病院案内(アクセス) | 愛知県刈谷市のよこやま動物病院 犬・猫・ウサギ
診療案内 | 愛知県刈谷市のよこやま動物病院 犬・猫・ウサギ
施設案内 | 愛知県刈谷市のよこやま動物病院 犬・猫・ウサギ
スタッフ紹介 | 愛知県刈谷市のよこやま動物病院 犬・猫・ウサギ
トータルケア | 愛知県刈谷市のよこやま動物病院 犬・猫・ウサギ
病気と予防のおはなし | 愛知県刈谷市のよこやま動物病院 犬・猫・ウサギ
お知らせ
病気と予防のおはなし

ワンちゃん・ネコちゃんに与えてはいけない食べ物!

更新日時:2008/08/23


我々ヒトが何気なく食べている物の中には、ワンちゃん・ネコちゃんに食べさせると健康に悪影響を及ぼす物がたくさんあります。今回は、特にご家庭で気をつけていただきたい食品を、いくつかご紹介します。
大切なワンちゃんネコちゃんと楽しく健康な毎日を送るために、確かな知識を持って、正しい食生活を送らせてあげてくださいね!

ネギ類・ニンニク右側:血色素尿
長ネギや玉ネギ・ニラなどのネギ類には、犬猫に対して毒性のあるn-プロピルジスルフィドが含まれています。これを摂取すると、溶血性貧血や血色素尿症を起こし、死亡する場合もあります。
n-プロピルジスルフィドは熱にも強く、ネギ入りすき焼きの残り汁や、ひとかけらの玉ネギ入りハンバーグやカレーなどでも中毒を起こします。
同じくユリ科のニンニクや、その抽出物を摂取した場合、貧血や皮膚炎、喘息発作などを起こすことがあります。

●チョコレート・カカオ類、コーヒー
カカオには、心臓の血管や中枢神経に作用するテオブロミンが含まれています。犬はテオブロミンに対する反応が強く、チョコレートなどを大量に摂取すると嘔吐や下痢、頻脈、不整脈、興奮、痙攣などを起こし、突然死する場合もあります。
特に小型犬や猫では、大型犬に比べチョコレートひとかけらでも、体重当たりの摂取量が多くなるので注意が必要です。
コーヒーに含まれるカフェインにも、同じような中枢神経興奮作用があります。

● キシリトールを含む食品
キシリトールを甘味料として使用した食品の摂取により、急激な低血糖や肝不全などを起こすことがあります。
特に大型犬では、一度に大量摂取する可能性があるため、注意が必要です。

●貝類、甲殻類、淡水魚
これらにはビタミンB1を分解する酵素(チアミナーゼ・アノイリナーゼ)が含まれています。ビタミンB1欠乏により、食欲不振・神経障害・成長障害などを引き起こします。
この酵素は熱に弱いため、加熱処理をして与えれば問題はありません。

●生の卵白
生の卵白に含まれるアビジンは、体内でビオチンとのみ結合するため、腸からのビオチンの吸収を阻害します。ビオチン欠乏により、成長低下、食欲不振、脱毛や皮膚炎を起こします。
アビジンは加熱処理をすればビオチンと結合しなくなるため、問題はありません。また、卵黄にはビオチンが多く含まれているので、適量を全卵で与えれば問題ありません。

●牛乳
離乳期を過ぎた犬猫は、牛乳中の乳糖を分解するラクターゼを十分にもっていません。そのため乳糖の摂取量が増えると、消化・吸収ができずに下痢を起こすことがあります(乳糖不耐症)。
牛乳や生クリーム、アイスクリームなどの乳製品を与える際には、十分に注意してください。
乳製品でもヨーグルトやチーズは、乳酸発酵により乳糖が分解されているため、乳糖不耐症は生じません。

● 香辛料
犬猫は毒性物質を見分けるために、苦味や辛味に対する味覚が鋭敏です。そのため特に刺激性物質の香辛料には過敏に反応しますので、できる限り避けましょう。

●塩分
犬猫はヒトに比べて、塩分に対する味覚があまり鋭敏ではありません。塩分の多いものを食べさせ続けると、心臓や腎臓に障害を起こす危険性が高まります。

● 生肉
リンとカルシウムのバランスが悪いため、過剰摂取によりカルシウム不足になります。また加熱処理されていない生肉(冷凍生肉も同様)には、病原性細菌が潜んでいることがありますので、食中毒や消化器障害を起こす危険性があります。

●ハチミツ
ごくまれにボツリヌス菌が入ることがあり、特に腸内細菌叢ができあがっていない子犬や子猫には、中毒を起こす危険性があります。

● その他
ブドウ(干しブドウを含む)で食中毒や急性腎不全、アボガドで消化器障害、ナッツ類でショック症状、ハーブやキノコ類などの健康食品の中にも急性中毒や肝障害・アレルギーなどを起こす例が、多数報告されています。
異種動物のフードでも、それぞれに必要な栄養素の過不足を生じるため、栄養障害を起こします。
ヒトや異種動物にとって栄養価値や機能性が証明されている物でも、犬や猫はそれぞれ食性も、消化や吸収・代謝機能も異なるため、むやみに与えないようにしましょう。
またアルコール飲料や、成分には問題がなくても縦に裂けて刺さる危険性がある鶏の骨なども、与えるべきではありません。そして、食べ物ではありませんが、タバコの誤飲によるニコチン中毒にもご注意ください。


食事を与える際には、飼い主の皆様が十分に気をつけて、避けられる危険性はできる限り取り除くように心がけてあげてくださいね。与えても良いかどうか判断に迷った場合は、止めておきましょう。
もちろん、上記の食べ物はほんの一例で、それら以外でも中毒を起こす危険性がある食べ物やその他の物、または植物などがご家庭内には多数ありますのでお気をつけください!





一覧ページに戻る

TOP | 愛知県刈谷市のよこやま動物病院 犬・猫・ウサギ TOP | 愛知県刈谷市のよこやま動物病院 犬・猫・ウサギ 病院案内(アクセス) | 愛知県刈谷市のよこやま動物病院 犬・猫・ウサギ 診療案内 | 愛知県刈谷市のよこやま動物病院 犬・猫・ウサギ 施設案内 | 愛知県刈谷市のよこやま動物病院 犬・猫・ウサギ スタッフ紹介 | 愛知県刈谷市のよこやま動物病院 犬・猫・ウサギ トータルケア | 愛知県刈谷市のよこやま動物病院 犬・猫・ウサギ 病気と予防のおはなし | 愛知県刈谷市のよこやま動物病院 犬・猫・ウサギ ページTOPへ