病院案内(アクセス) | 愛知県刈谷市のよこやま動物病院 犬・猫・ウサギ
診療案内 | 愛知県刈谷市のよこやま動物病院 犬・猫・ウサギ
施設案内 | 愛知県刈谷市のよこやま動物病院 犬・猫・ウサギ
スタッフ紹介 | 愛知県刈谷市のよこやま動物病院 犬・猫・ウサギ
トータルケア | 愛知県刈谷市のよこやま動物病院 犬・猫・ウサギ
病気と予防のおはなし | 愛知県刈谷市のよこやま動物病院 犬・猫・ウサギ
お知らせ
病気と予防のおはなし

避妊・去勢手術をしましょう!

更新日時:2012/01/31


大切なご家族の一員としてのワンちゃん・ネコちゃんに健康で長生きしてもらうためにも、早期に避妊(女の子)・去勢(男の子)手術をされることをお勧めします!
手術時期としましては、だいたい生後6カ月位〜が望ましく思われます。


◎避妊・去勢手術の予防獣医学的な意義

早期に手術を行うことにより、将来かかる可能性のある病気を予防できたり、その発生率を減らすことができます。発情や出産などに伴う様々な問題からも、解放されることができます。また手術をしていない動物にとって、発情時期に交尾ができないというストレスはかなり強いと考えられます。

ワンちゃんの場合
●女の子
  予防できる病気:卵巣子宮疾患(子宮蓄膿症・子宮内膜炎・子宮捻転・卵巣腫瘍など)、出産に伴う産科疾患、偽妊娠、膣脱、膣過形成、伝染性生殖器腫瘍など
  発生率を減少できる病気:乳腺腫瘍、性ホルモン依存性皮膚疾患、膀胱炎など

※避妊手術をする時期によって、その後の病気の発生率が変わります!
犬における避妊手術後の乳腺腫瘍発生率
 避妊手術を初回発情前に行うと・・・0.05%
 初回発情後〜発情2回目前では・・・8.0%
 発情2回目後〜発情4回目前だと・・・26.0%
 発情4回目後〜・・・更に上昇
避妊手術時期が約2歳を境に、その後の乳腺腫瘍発生率は急増します!
⇒このように、発情が来る前に(または2回目の発情前までに)避妊手術を行うと、将来おそろしい乳腺腫瘍(乳腺癌)になる確率は減少することが分かります。

●男の子
  予防できる病気:精巣腫瘍、精巣上体腫瘍、セルトリ細胞腫、肛門周囲腺腫、前立腺肥大、伝染性生殖器腫瘍など
  発生を減少できる病気:会陰ヘルニアなど

ネコちゃんの場合
●女の子
  予防できる病気:卵巣子宮疾患(子宮蓄膿症・子宮内膜炎・子宮脱・卵巣腫瘍)、出産に伴う産科疾患、持続性発情など
  発生を減少できる病気:乳腺腫瘍、ウイルス性疾患(FIV・FeLVなど)、アレルギー性皮膚疾患など

●男の子
  予防できる病気:精巣腫瘍、睾丸炎など
  発生を減少できる病気:ウイルス性疾患(FIV・FeLVなど)、猫同士のケンカによる外傷、交通事故死など

★その他の変化・・・問題行動の改善がみられます。早期手術により大きな効果がみられます。
性格が穏やかになり()攻撃行動が減る、放浪・マーキング・マウンティングが減る、性的なストレスから解放される、しつけや訓練がしやすくなるなど

生まれ持った性格は変わりませんが、手術により発情期の興奮や神経過敏・闘争・放浪などがなくなり行動が安定しておとなしくなります。性格が変わるのではなく、性ホルモンに起因するストレスから開放されて行動が変化するので、穏やかになるといわれています。


◎避妊・去勢手術の社会的な意義
望まれない出産や過剰繁殖を防ぎ、不幸な子犬・子猫を増やさないことができます。また、発情時の鳴き声や闘争などによる近隣への影響もなくなります。
ワンちゃんネコちゃんにとっても、またご家族皆様や周囲の方々にとってもストレスの少ない快適な生活を送ることができます。


◎手術について

1.手術時期:若いワンちゃんやネコちゃんについては、性成熟前の生後6ヵ月前後が適期となります(4ヵ月齢から可能な場合もありますし、それ以降でも健康であればいつでも行うことができます)。但し、ワクチン接種の時期や健康状態、発情状況等によって変わってきます。手術前には一度診察を受けてから予定を立てていきましょう(手術は完全予約制となります)。

2.手術方法:当院では女の子(避妊手術)には卵巣子宮摘出術、男の子(去勢手術)には睾丸摘出術の手術を行っています。
3.術前検査
:手術前には身体検査や血液検査など各種検査を行い、健康状態を確認します。

4.手術当日の流れ:手術当日は朝から絶食絶水で、午前9時から10時の間に来院していただきます。
   )秧豼綾菽屬慮紂∨秧譴鯑各し気道を確保・・・【15〜20分】
   ¬售△蝓消毒・・・【10〜15分】
   手術:●犬避妊・・・【30〜40分】 ●犬去勢・・・【約15分】
          ●猫避妊・・・【約30分】    ●猫去勢・・・【約10分】
※それぞれに合った安全な麻酔薬を選択し、手術中もモニターを使ってワンちゃんネコちゃんの状態を把握します。
※手術全体にかかる時間は短くて(猫去勢)約30分、長くて(犬避妊)約90分となります。
※縫合糸について・・・当院での避妊手術の皮膚縫合糸には、主に医療用のワイヤーを使用しています。最も生体反応が少ないため炎症が起こりにくく、かつ丈夫で縫合・麻酔時間も短く済み、動物への負担を少なくできるというメリットがあります。その他の結紮や去勢手術には抜糸の必要のない吸収糸を使用しています。
5.手術後:術後当日も絶食絶水となります。退院は一般的には翌日の午前中ですが、ご希望により当日の夜も可能です(費用的にはどちらも換わりません)。また手術後の経過にもよりますが、手術後10日〜2週間程で抜糸となります(抜糸が必要のない手術方法をとることもあります)。
抜糸後3日目位からシャンプー、水浴び等をしていただくことができます。


◎手術後に気をつけて頂きたいこと
★肥満にならないように注意しましょう!
避妊・去勢手術を行うと、発情行動がなくなり、それに伴う興奮や縄張りに関する神経過敏等が減少するなど、行動に大きく変化が見られます。その結果、消費カロリーが手術前と比べて15〜25%減少するといわれています。したがって、手術後も毎日の食事量が同じですと、摂取カロリーが消費カロリーを上回り、太りやすくなってしまいます。そこで、食事の(カロリー)量を手術前より約20%程度減らしていただくことをお勧めします。
また手術後にお勧めできるフードもありますので、お気軽にご相談ください。





一覧ページに戻る

TOP | 愛知県刈谷市のよこやま動物病院 犬・猫・ウサギ TOP | 愛知県刈谷市のよこやま動物病院 犬・猫・ウサギ 病院案内(アクセス) | 愛知県刈谷市のよこやま動物病院 犬・猫・ウサギ 診療案内 | 愛知県刈谷市のよこやま動物病院 犬・猫・ウサギ 施設案内 | 愛知県刈谷市のよこやま動物病院 犬・猫・ウサギ スタッフ紹介 | 愛知県刈谷市のよこやま動物病院 犬・猫・ウサギ トータルケア | 愛知県刈谷市のよこやま動物病院 犬・猫・ウサギ 病気と予防のおはなし | 愛知県刈谷市のよこやま動物病院 犬・猫・ウサギ ページTOPへ